· 

【新宿】WARP Shinjuku - 新宿の大型クラブとは?!

新宿 ワープ 雰囲気

2018年10月26日に出来たばかりのクラブ「Warp Shinjuku(通称:ワープ)」へ行ってみました。

 

新宿の歌舞伎町にあるクラブで、最近では「Jonas Blue」や「NERVO」が来日公演するなど、とても豪華なクラブとして話題になっています。

 

また異例の19時から営業しているので「終電から」ではなく「終電まで」も楽しめる新感覚のクラブでもあります。

一体、どのようなクラブなのかを紹介していきます!

 

彼女がいる人はスルーしてください

 

 

WARP Shinjuku とは


「世界から東京へ、東京から宇宙へ」をコンセプトに未来の東京をイメージしたデザインです。

3つに分かれたフロアで様々な音楽を楽しむことが出来ます。

 

新宿 ワープ 雰囲気

 

Universe Floor

最大600人が入る規模のメインフロアです。

みんなが楽しめるAll Mix中心からの後半はDJこだわりの選曲で楽しめるイベントにスイッチ。

天井の中心に設置されている日本最大級の三段階円形トラス「Solar System」を中心とした演出照明システムが未だかつて無いエンタテインメント空間を作り上げ、近未来的な迫力のあるムーブ―ライティングを楽しめます。

 

新宿 ワープ 雰囲気

 

Bar Meteo

30名ほどで落ち着いてお酒を楽しめるラウンジバー。

奥にはVIPシートがあり、じっくりお酒と音楽を楽しみたい大人なクラバーでも満足できる上質空間です。

 

Cosmo Room

アットホームなサブフロアです。

ベテランDJがコアなHouseやHipHop(曜日やイベント内容による)を流してチルな空間を演出しています。

メインフロアで踊り疲れて、休憩するのにちょうどいいフロアです。

 

ワクワクメール

 

 

WARP の雰囲気や客層


新宿 ワープ 料金

音楽はメインフロアで万人受けのEDMが流れていてサブフロアではチル系なHouseかHipHopが流れています。

フロアの面積が六本木や渋谷にはないほどの広さを誇るだけあって

週末で人が多くても、ちゃんと踊るスペースを確保できるのが嬉しいです!

 

新宿 ワープ 料金

客層はイベントや曜日により、かなり異なります。

週末の通常営業の日だと20~30代が多いです。

歌舞伎町という土地柄かサラリーマンやOLだけではなく、夜のお仕事をしている男性・女性や新小久保のイケメン韓国人など幅広い人たちと交流できるのが醍醐味だと感じました!

 

ワープ クラブ 新宿

また海外DJが来日公演する際、デイイベントのこともあり未成年も入場可能なので高校生や大学生のお客さんも多いです。

このようなイベントの日は、ほとんどの人が音楽が好きで来ているのでナンパ目的の人はいません。

私も実際、「Sam Feldt」の来日公演に1人で行ったのですが音楽好きなファンの人たちと一緒に楽しむことが出来ました!

 

彼女がいる人はスルーしてください

 

 

海外DJの来日公演


ワープ クラブ 新宿

今まで「Jonas Blue」「NERVO」「Garmiani」「VINAI」など続々と海外の有名DJが来日公演しています。

2018年10月にオープンしたばかりなのにすごいですね。

 

昼と夜の2部構成になっていて昼のイベントに参加したら、そのまま夜の部も滞在可能です!

コストパフォーマンスの高さには感動!(未成年は夜の部には行けません。)

 

2019年1月20日にはFuture Houseのアーティスト「Madison Mars」が来日。

 

EDMだけではなく今流行りのHouse DJも来日してくれるので

色んな音楽を楽しめる箱として今後さらに注目していきたいですね。

 

【音楽】

AllMix、EDM、House、HipHop

【服装】

綺麗めなドレスアップからカジュアルまで 

【年齢】

20~30代

【年齢】

男:女=7:3

【料金】

男性 2000円前後

女性 700円

【フロア数】

3つ(VIP含め)

【地図】 

https://goo.gl/maps/nZNq7mLsYyo

ワクワクメール

RECOMMEND こちらの記事もおすすめです。

ワープ 新宿 クラブ
ワープ 新宿 クラブ
ワープ 新宿 クラブ

ワープ 新宿 雰囲気
ワープ 新宿 雰囲気
ワープ 新宿 クラブ